伸びている英才教育
*
ホーム > 痛風 > 痛風の痛みとそこに至るまでの気づかなさがスゴイ

痛風の痛みとそこに至るまでの気づかなさがスゴイ

その殆どで自覚症状がみられず発見するのが遅くなることもあります。食が細くなる・疲れやすいといった症状が現れる場合もありますが、だからと言って自分で見抜くことは難しいと言えます。

気にかかる場合には病院の内科へ行き、健康診断を申し込む事で血液検査をしてもらえるので、判別は難しくありません。血液検査の値からすぐに診断してもらえます。尿酸の結晶はただ沈着しているだけでは痛風の発作が起きるとは限りません。発作が誘導されるのは、心身に大きなストレスを受けながらの動作や運動、突然の尿酸値の変動などをきっかけとして、付着していた結晶が関節から剥がれ落ちた場合です。

 

強烈な痛みのもとは、剥がれ落ちた結晶を白血球が異物と捉えて排除するための活動に伴う炎症反応です。痛風の診断を受けた人にとって重要なことのひとつが食事でのプリン体制限ですが、最近このプリン体制限は治療の主流ではなくなりつつあるようです。

特に野菜のプリン体においては、その大半が体外に排出されるので、気にしすぎなくても良いようです。

 

それよりも、肥満を予防するため、脂肪分の多い食品や食べ過ぎを避けるように心がけましょう。

脂肪肝が恐ろしいとされているのは、狭心症であったり心筋梗塞などの心臓病、また脳梗塞などの血管系の疾病につながることがあるからです。

脂肪肝の一番の原因は、カロリーオーバーや運動不足などが考えられています。摂りすぎたカロリーがもとで肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積されていきます。特に30代~40代の間で脂肪肝になる人の割合が増えており、この10年間で2倍以上の増加がみられます。痛風は尿酸値という血液中の値が高くなることで引き起こされます。血液に含まれる尿酸には限界濃度があり、一定量を超えると、高尿酸血症となり、結晶化が徐々に進んで沈着します。

 

関節に溜まった結晶が剥がれ落ちたりすると、異物と認識した白血球が攻撃をします。こうした白血球の出す炎症物質によって、関節が腫れたり、激痛を伴うことがあります。尿酸値の上昇にストレスが関係することは詳しくははっきりしていません、腎臓は過度のストレスによって、尿酸の排出させる機能が低下すると言えます。

 

 

ストレスが体調に深く関与することは、現代社会では多くの人が感じていると思います。癌においてもストレスが原因といわれているほどです。痛風のみならず病気の予防にはストレスは大敵であり、対策が必要と言えます。

 

 

 

酸性に尿が傾くことにより、結石ができやすくなって、尿路結石や腎臓病などの合併症をひきおこす可能性がでてきます。ですから、尿が酸性に傾き過ぎないように普段からコントロールを心がけることが重要になります。

健康な人の尿酸の値は男性の場合で3.6~7.0mg/dl、女性の場合では2.7~7.0mg/dlとなり、男女とも同じく7mg/dlを超えると高尿酸血症だと診断されます。尿酸値を低下させたい場合は、無理な負荷を体にかけない有酸素運動がピッタリです。ウォーキングやゆったりとしたペースでのジョギング、サイクリングやアクアビクスなどが当てはまります。

 

それに対して短距離走、筋肉トレーニングといった無酸素運動ですと目的がダイエットの場合には効果的ですが、激しい運動をすると意に反して尿酸値を上げてしまうことになるので、尿酸値をなんとかしたい方は有酸素運動を取り入れてみましょう。尿酸値を下げると噂のサプリメント